予防してストレスフリーになりましょう



ストレスははっきりとした病気ではないものの、
心身にさまざまな悪影響を及ぼす害となります。
ストレスが高血圧の原因となる理由は、
ストレスによって交感神経の働きが活発になり、
血液がどろどろになってしまうからです。



血液の流れが悪くなると、血管に傷をつけることになりますから、
動脈硬化になる危険性も高くなります。
興奮すると血圧が高くなるといわれているのは、決して嘘ではありません。
ストレスが溜まってくると血圧を高くするホルモンの分泌が促されてしまい、
高血圧がさらにひどい状態になります。
ストレスを感じる度合いには個人差がありますが、
些細なことでもストレスを感じてしまう人は高血圧に注意しましょう。



ストレスに強い人でも、食事で塩分を多く摂りすぎていたり、
不摂生が重なると高血圧になってしまいます。
仕事ばかりしている人は、自分の時間を充実させることが重要です。
ストレスは心臓や脳の働きにも影響しますから、
夜はぐっすり休める環境にし、趣味に没頭したりリラックスできることを
積極的にしていくようにしましょう。


inserted by FC2 system