目覚めすっきり!質の高い睡眠を手にいれよう!



健康のことを考えるなら、質の高い睡眠をとることが大切です。
高血圧の人にも、質の高い睡眠がしっかりとれるよう
夜はいい環境で眠れるようにしておくことをおすすめします。
寝ている間の血圧は起きているときよりも低くなります。
このときに血圧を正常に戻す仕組みになっていますから、
夜更かしをしていたり、浅い眠りになっていると
血圧が高いままになってしまうのです。



夜10時から深夜2時までは成長ホルモンの分泌が促される時間です。
この時間に眠っていることが、質の高い睡眠の条件です。
毎日のリズムをつくり、体内時計を正確にしておくためには、
朝6時には起きていることが理想です。
遅くとも10時までには起きるようおすすめします。



朝10時までに起きて朝日を浴びることによって、しっかり目覚めることができ、
毎日少しずつずれてしまう体内時計を、これで調整することが可能となるからです。
夜しっかり眠るためには、ご飯を食べてからすぐにお風呂に入らないこと、
就寝前の1時間前までにはお風呂に入っておくことが重要です。
高血圧の人は、質の高い睡眠を心がけるようにしましょう。


inserted by FC2 system