若い人に多発!危険因子は高血圧!



くも膜下出血の危険因子として考えられているものに高血圧が挙げられます。
くも膜下出血は若い人に多い病気であることが大きな特徴で、
症状が出てきた段階で早急に治療をすることで、
治すことが可能といわれている病気です。



ですが、処置が遅れることが多く、
くも膜下出血になり倒れてしまった場合には、
助かる可能性がとても低いものとなってしまいます。
症状の特徴は、激しい頭痛と、助かっても再発する可能性が高いことです。
その頭痛の痛みは通常では考えられないものとされていますから、
痛みの強い頭痛を感じたら、くも膜下出血を疑うようにしましょう。
動脈や静脈などの異変や、動脈瘤が原因となってくも膜下で出血しますが、
動脈瘤をつくってしまう原因となるのが高血圧です。



高血圧になると、血管に大きな負担をかけることになりますが、
これが脳のなかで起きてしまうのです。
脳神経外科で治療を受けるほか、内科で治療を受ける場合もあります。
手術が無事に成功しても、ほとんどの場合で後遺症が残ります。
くも膜下出血のような脳卒中のリハビリは、今とても重要視されています。
リハビリの専門家が複数チームとなって、
治療に当たってくれる仕組みになってきました。


inserted by FC2 system