とても強い!高血圧と高脂血症の関係



生活習慣病とされる高脂血症は、糖尿病と同じように
高血圧になるリスクを高めてしまうものです。
高脂血症は、血液中の脂質が増えてしまう病気ですから、
コレステロースや中性脂肪の摂取量が多くならないよう
気をつけなければいけません。



人間の身体に必要なエネルギーは
食事からの栄養と、臓器から分泌されるもので成り立っていますが、
食事で過剰な脂質を摂ってしまうと、体内に蓄積されてしまい、
血管に脂質が付着する状態となります。
中性脂肪もコレステロールもどちらも身体にはなくてはならない成分ですが、
過剰に摂取すると、高脂血症や動脈硬化になってしまいます。
昔の日本人には少なかったとされる高脂血症ですが、
近年、高脂血症になる人が増加しています。



運動しない人が増えたことや、食生活が欧米化してきたことなどが原因です。
このようなことから、肥満になっている人は高脂血症になりやすく、
糖尿病や高血圧にもなりやすい状態となります。
脂質の異常には高LDLコレステロール血症のほか、
脂質が不足している低HDLコレステロール血症もあります。
脂質が過剰になると血管を傷つけ、高血圧を引き起こします。
生活習慣にはくれぐれも気をつけることが大切です。



inserted by FC2 system